お薦め

思春期ニキビと大人ニキビ

女性でも男性でも顔や背中にニキビが出来るのは嫌なものですよね。

20歳を過ぎてから出来るニキビを大人ニキビと呼んだりしますが、
思春期に出来るニキビとは原因が少し違うようです。
思春期ニキビは男性に多く見られ、成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌される事が原因ですが、
思春期には女性も一時的に男性ホルモンの分泌が高まるので思春期には誰でもニキビが出来やすいと言えるでしょう。

思春期ニキビの対策としては洗顔で肌を綺麗に保つ事やバランスの取れた食事などがあげられますが、
思春期ニキビは思春期が終わる頃になると男性ホルモンのバランスが正常に戻ってくるので、
自然と治ってくる場合も多く見られます。

大人ニキビは思春期にホルモンバランスによる原因のニキビとは違って、
たくさんのストレスや不規則な生活、バランスの悪い食事や長時間のメイク、飲酒や喫煙など様々な原因があげられます。
思春期ニキビのように過剰な皮脂を洗顔で落とせば良いという簡単なものではありません。
ニキビが出来たからといって洗顔しても、
ニキビが出来ていないところが乾燥していたら潤い不足でまた肌トラブルの原因にもなります。

大人になると仕事でストレスを抱えたり、睡眠不足になったりもしますが、
ストレスが重なれば自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてしまうので、
ニキビの出来やすい脂性肌になる傾向がありますし、
睡眠不足は肌の免疫昨日の低下を招いてニキビの原因となります。

20歳を過ぎればアルコールの摂取や喫煙が法律で許されますが、
アルコールの摂取は肌を乾燥させますし、喫煙はビタミンCを減少させるので肌に良いわけがありません。
大人になると外に出る際にある程度メイクする事もマナーだと言えますが、
肌の状態を考えずに油分の多い化粧品でメイクするとニキビの原因になりますし、
メイクによって毛穴を塞いでしまうことでニキビを悪化させてしまう場合もあります。
肌の状態を見てメイクを控えめにするなどすると良いでしょう。

思春期ニキビと大人ニキビ。
原因は違ってもニキビは出来ると嫌なものです。
きちんとニキビの原因を知って綺麗な肌を目指したいですね。