お薦め

ニキビができやすい食べ物

ニキビに悩む人は多いと思います。

思春期にはホルモンバランスの乱れから思春期ニキビと呼ばれるニキビが出来やすくなりますし、
大人になってからはストレスや睡眠不足によってニキビが出来たりと肌の悩みは尽きないものです。
ニキビが出来る原因にはストレスや睡眠不足の他に食事も大きく関係しています。
では、ニキビが出来やすい食べ物にはどんなものがあるのでしょう。

ニキビが出来やすくなる食べ物として、
すぐに思いつくのがフライやスナック菓子などの脂っぽいものや、
チョコレートやケーキなどの甘いものではないでしょうか。
確かに脂っぽいものや甘いものは皮脂になりやすいので、食べ過ぎればニキビの原因になります。

しかし、ニキビの出来やすくなる食べ物はこれだけではないのです。
毎日の食事に欠かせない白米ですが、
白米に含まれる炭水化物は炭水化物の中でも、
体に糖分を蓄える機能が高く皮脂の材料になりやすいので、
ニキビの出来やすくなる食べ物だといえます。

麺類や芋類も同様です。
唐辛子やわさび、ナッツ類も皮脂分泌を活発にさせます。
昆布やわかめは栄養素の豊富さから健康に良いとされていますが、
ニキビに関しては海藻類に多量に含まれるヨウ素がニキビを悪化させると言われています。

また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインはビタミンやミネラルを体外に排出する働きがあり、
ビタミンが不足すると肌が脂っぽくなるのでニキビの原因となりますし、
アルコールもまたビタミンの低下を招くので、ニキビの出来やすくなる原因となります。

こうして少しあげてみるだけで、ニキビの出来やすくなる食べ物は沢山あるように思えます。
しかし、これらの食べ物すべてを控えた食事をすればニキビがなくなるのかといえばそうではなく、
バランスのとれた食事をする事が大切なのです。

白米に玄米を混ぜたり、脂っぽいものを食べたらそれ以上に野菜を食べたり、
工夫しながら食事をすることであまり無理なくニキビを防いでいきましょう。

食事は毎日するものですから我慢ばかりではストレスが溜まってしまいます。
ニキビの出来やすい食べ物を知って、過剰摂取に注意しながら、
バランスのとれた食事をしてニキビのない肌を目指したいですね。