お薦め

洗顔法

ニキビのある肌は嫌なものです。
ニキビが出来てしまったらなるべる早く治したいですよね。

ニキビを治すためには規則正しい生活やバランスのとれた食事も大切ですが、
毎日の洗顔もまたとても大切なのです。
ニキビを治すためには正しい洗顔をする必要があります。
間違った洗顔法を続けていると肌をかえって傷つけてしまう事があるので注意が必要です。

まず、メイクをしているのであればメイクをしっかり落とす事から始めます。
この時あまりゴシゴシこすると肌を傷つけてしまいますから、
目の回りなどメイクの落ちにくいところは綿棒を使うなど丁寧に落としてください。
オイルタイプのメイク落としを使用している場合、
お湯の温度が高いと必要な油分まで洗い流してしまいますので、ぬるま湯で行ってください。

メイクが落ちたら洗顔にうつります。
洗顔する時に最適な温度は体温より少しぬるいくらいの温度です。
冷たい水で洗顔すると毛穴が引き締まって毛穴の奥の汚れを落とせなくなってしまいます。

メイクを落としたあとに蒸しタオルをして毛穴を開かせると、
より効果的に洗顔を行う事が出来ます。
蒸しタオルで毛穴が開いたところでぬるま湯で素洗いします。

素洗いしたら洗顔料をしっかり泡だててください。
あまり泡立てない状態で肌につけて、
肌でこすって泡立てるなんて事は絶対にしてはいけません。
肌を傷つけてしまうだけです。
しっかり泡立てた泡で顔を洗うくらいの気持ちで優しく洗ってください。

洗い終わったらしっかりすすぎます。
流し残しがないようにしっかりすすいでください。
すすぎは洗顔の倍の時間を使った方が良いと言われるくらいですから、丁寧にすすぎましょう。
すすぎがおわったら清潔なタオルを使って優しく水気を拭き取ります。
この時もゴシゴシこすってはいけません。

洗顔の回数は基本的に一日二回で十分です。
回数を増やす事はかえって肌を傷つけてしまう事になりかねないので注意しましょう。
正しい洗顔方法を知って、ニキビのない綺麗な肌を目指しましょう。